AHAフルーツ酸ピーリングジェル~自宅でできるピーリング方法

ピーリングジェルの成分と選び方

自分でピーリングを行う際に必要不可欠なものが“ピーリングジェル”です。
ピーリング剤や石鹸、クリームなどピーリング化粧品にもさまざまな種類がありますが、ピーリングジェルは初心者でも非常に使いやすいです。
安心して使うことができるピーリングジェルを使うことが大事です。
ピーリングジェルにはどのような成分が入っているのか購入する前にチェックしていきましょう。

3種類のピーリングジェル

ピーリングジェルは主に3種類あります。
フルーツ酸(AHA)、酵素、スクラブの3つの成分に分けることができます。
フルーツ酸(AHA)はピーリングジェル商品の中でも比較的多く発売されており、医療機関でも幅広く使用されています。
アルファヒドロキシ酸とも呼ばれており、フルーツから抽出されています。
フルーツ酸にもクエン酸、リンゴ酸、酒石酸、乳酸、シトラス酸などさまざまな種類があることを覚えておいてください。
すべての総称がフルーツ酸となるのです。(※ちなみにフルーツ酸配合のAHA洗顔石鹸もあります)
ピーリングジェルの中でもお肌にやさしい成分として知られており、乾燥肌改善やメラニン色素の現象、肌の弾力アップなどの効果があります。

人よりもお肌が弱くフルーツ酸でも心配…という方は酵素を使ったピーリングジェルがお勧めです。
エイジングケアにも効果的とされており、酵素の栄養素が十分に詰まっているのでお肌に必要な成分を与えることができます。
スクラブタイプのピーリングジェルには、粗い粒が入っています。
塩、高分子粉末、植物種子のような粒が入っているジェルをお肌に塗っていくことで表皮に詰まっている汚れを落とすことができるのです。
ただし、粒子が粗いものほどお肌が傷ついてしまう恐れがあるので注意しておかなければいけません。
お肌が弱い方はスクラブではなくフルーツ酸(AHA)か酵素が含まれているピーリングジェルをお勧めします。

その他の美容成分

ピーリングジェルには基本的な成分のほかにもたくさんの美容成分が含まれています。
美容成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタ、コエンザイムQ10、プロテオグリカンなどが挙げられます。
それぞれお肌のハリや艶、潤いを与えることができ、お肌のターンオーバーを活性化してくれます。
これらの美容成分のひとつでも良いのでピーリングジェルに入っているとより効果的になるでしょう。
美しいお肌に変えるためにも成分表は絶対確認してください。

低刺激なのに効果的なフルーツ酸ピーリングジェル


30秒クルクルするだけで古い角質がポロポロ
洗顔では落としきれない古い角質や毛穴の奥にある汚れもオフ
セラミドやヒアルロン酸など美容成分も80%配合
お試し(35g):1,620円(税込)
単品(250g):5,638円(税込)
2本セット(250g×2):9,720円(税込)


肌への優しさにこだわったピーリングジェルで安心
塗ってからクルクルすると消しゴムのカスのようにポロポロ
EGFやフラーレンやヒアルロン酸などの美容成分もたっぷり
単品(200ml):3,675円(税込)


EGF配合のピーリングジェルで角質ケア
顔だけではなくヒジ・カカト・デコルテなど全身に使える
1週間に1~2回使うだけで、化粧ノリも見た目も全然変わってくる
単品(100ml):2,079円(税込)


ピーリングジェルの正しい使い方

皆さんは正しい方法でピーリングジェルを使用しているでしょうか。
今ピーリングジェルを使っている人、これから使う人でももう1度ピーリングジェルの正しい使い方についてマスターしていきましょう。
ピーリングジェルを効率的に使いたいのであれば、それなりの知識ももっておかなければなりません。

基本的な使い方

ピーリングジェルの基本的な使い方について説明します。
まずさくらんぼ程の量を手の平にとります。
適量はピーリングの商品によって違うのであらかじめ説明書をみて確認しておいてください。
そして顔全体にやさしく伸ばしていきます。
ここで力強く塗ったり、ゴシゴシ伸ばしていくとお肌が傷ついてしまうのでNGです。
クルクルと円を描くように伸ばしていきましょう。
自然と無駄な角質が浮き上がってくる様子が見てわかると思います。
ある程度顔全体に伸ばし、ぬるま湯で洗い流していきます。
真水でも良いですが、お肌が弱い人はぬるま湯でキレイに洗い流すことがお勧めです。
ここで無駄な角質がお肌に残らないようにキレイに洗い流していき、清潔なタオルでやさしくポンポンとふき取っていってください。
き取るときもゴシゴシとタオルでこすってはいけません。
基本的にやさしい手つきでお肌をいたわるようにピーリングを行っていかなければなりません。
ピーリングジェルが終わった後は化粧水や乳液・クリームで保湿することも忘れないでくださいね。

夜のスキンケアで行うのがベストタイミング

いつピーリングジェルを使えば良いのかタイミングがわからない人も多いと思います。
ベストタイミングといわれているのは夜のスキンケアタイムです。
洗顔をピーリング石鹸で行っている人もいますが、化粧をすべて落とした後にすることが理想的でしょう。
洗顔後にピーリングジェルを使います。
朝や昼よりも効果的であり、夜10時~2時の間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれているお肌のターンオーバーが1番活発化する時間帯です。
その時間に新しいお肌へと再生してくれるので夜に行った方が効果的なのです。

使い方はこちらも参考に!
ピーリングジェル人気ランキング[自宅で角質・ニキビ跡・毛穴ケア]
ピーリングジェルの具体的な効果と使い方など

ピーリングの注意点について

お肌を1度リセットしてキレイにすることができるピーリングは注意点をしっかり把握して行わなければなりません。
誰もがピーリングを効果的に感じることができるわけでもなく、失敗している人は注意点についてきちんと把握していなかった傾向がみられます。
肌が赤みを増して腫れてしまったり、ブツブツができたり、ニキビがひどくなったりとさまざまな肌トラブルを起こしてしまうでしょう。
ピーリングをする前に注意点を頭の中に入れておきましょう。

ピーリング後は必ず保湿を

ピーリングをした後は皮膚が乾燥しやすくなっています。
乾燥をそのままにしてしまうと悪化して敏感肌となり、些細な刺激でもすぐに肌トラブルになってしまいます。
乾燥がひどくならないように保湿効果の高い化粧水や乳液、保湿クリームを塗ってしっかりアフターケアを行ってください。
エステサロンや美容クリニックで行う場合はスタッフが保湿成分のクリームを塗ってくれることもあります。
たとえ家に帰った後、赤みが出てきたとしてもすぐに相談しにいけばどのように対応すれば良いのか教えてくれるでしょう。
アフターケアのサービスが無料で受けられるところもあります。
とにかく保湿を重点的にすることが大事です。
お肌にとって1番大事なのは保湿なので副作用を引き起こさないためにも乾燥することだけは避けてください。
しっかりと保湿すれば赤みやかゆみは次第に収まってきます。

使用頻度と量を守る

ピーリングは毎日行う必要はありません。
1週間に1~2回程度がちょうど良い使用頻度となっています。
せめて4日は置いておいた方が良いです。
こまめにピーリングをするとお肌に余計な刺激を与えてしまうことになり、逆に表皮に傷がついてしまいます。
その傷からピーリングの成分が入ってしまうとさらに悪化し、自分では対処することができない状態にまでなってしまうこともあるので注意しましょう。
また、ピーリング商品によって適量が記載されています。
説明書に記載されている使用量は必ず守ってください。
たくさん使った方が効果があるのではと過剰に使いすぎてしまう人がいますが、逆効果になってしまうのでやめましょう。

体調が悪いときは控える

体調不良になっているときはお肌の化粧のノリが悪くなるなど、何かしらお肌にも影響します。
ホルモンバランスも大きな影響を与えるので、特に女性は生理中はピーリングを控えることをお勧めします。
中には具合が悪くなってしまう人もいます。
生理が終了した1週間以内はピーリングがもっとも効果的な期間でもあるので終わってから体調を整え、1週間以内にピーリングを行うと良いでしょう。

⇒AHAフルーツ酸ピーリングジェル一覧

↑ PAGE TOP