AHAフルーツ酸ピーリングジェル~自宅でできるピーリング方法

副作用はあるの?

ピーリングを行う前に副作用があるかどうか確認しておかなければなりません。
副作用について気になる人も多いと思います。
ピーリングにもさまざまな種類がありますが、どのような副作用があるのかみていきましょう。

赤み、肌荒れ

ピーリングの副作用でよくみられるのはお肌の赤みや肌荒れです。
古い皮膚から新しい皮膚へ変えることができるピーリングは、弱い皮膚であればあるほど皮膚の表面が少し傷ついてしまうことがあります。
医療機関やしっかり設備が整っているところであれば赤みを抑えることができる冷却効果を施してくれます。
赤みや肌荒れを防止するためにも無料カウンセリング等で自分に合った肌質のピーリングを選ぶことが大事です。
未然に防ぐためにもしっかりとした話し合いが大事になってくるのです。

肌の乾燥

ピーリングによってお肌の乾燥がひどくなったという人も中にはいます。
もともと普通肌だったのに乾燥しやすい肌になってしまった、乾燥肌がさらに悪化してしまうなどの副作用が挙げられます。
肌の乾燥がひどくなってしまうと敏感肌となり、些細な刺激ですぐにお肌が荒れてしまうことになります。
肌の乾燥はなんとしても防ぎたいものです。
ピーリングで乾燥を悪化させないようにするためには、施術を受けた後保湿クリームをたっぷり塗ることです。
保湿クリームは肌に潤いを与えてくれますし、ピーリング後のお肌をケアしてくれるでしょう。
自分で保湿クリームを選ぶのではなく、エステサロンのスタッフや担当の医師と話し合い、効果的な保湿クリームを使いましょう。

副作用が出た場合はすぐに相談する

エステサロン、美容クリニック、皮膚科でピーリングの施術を受けた後、翌日お肌に異常がみられることがあります。
数日経過すればすぐに収まりますが、あまりにも長く副作用が続く場合はすぐに施術を受けた機関に相談しにいきましょう。
副作用はできるだけ早いうちに解決しなければなりません。
長引くほど皮膚に跡が残ることになるので要注意です。

↑ PAGE TOP