AHAフルーツ酸ピーリングジェル~自宅でできるピーリング方法

ピーリングの仕組み

古い角質を取り除き、ぴちぴちの新しいお肌へ改善することができるピーリングはどのような仕組みになっているのか気になると思います。
ただ人気があるから好評だからとピーリングを利用するのではなく、しっかりピーリングの仕組みについて知っておきましょう。
このような仕組みであるからキレイなお肌に改善することができると把握しておくと効率的に実践することができるでしょう。
ピーリングの仕組みについて調べてみました。

剥がす、皮をむく

英語でピーリングと言いますが、日本語に訳すと「剥がす」「皮をむく」という意味になります。
ピーリングジェルを塗っていくとポロポロと垢のようなものが出てきます。
それが古くなった角質であり、古い角質が排除されると新しい角質が生み出され、お肌がキレイになっていくのです。
細かく説明するとピーリング化粧品に含まれている成分が古くなった表皮の細胞を溶かしていき、新しい表皮を生み出します。
新しいお肌を再生するためには細胞の活動も活性化させなければなりません。
お肌のターンオーバーを活性化させる成分もピーリング化粧品には含まれているので活動を促進させることもできます。
また、ピーリングでお肌に適度な刺激を与え、お肌のハリや艶に必要なコラーゲンを生み出す細胞を活性化させることもできるのです。

ピーリングジェルとケミカルピーリングは違う

ピーリングの仕組みで必ず知っておいてほしいことが、ピーリングジェルとケミカルピーリングはまったく違うものということです。
美容クリニックや医療施設で施術を受けることができるケミカルピーリングは専用機器を使ってピーリングをしていき、古い角質を溶かし、除去していきます。
剥がす、皮をむくというそのものの意味を指しています。
しかし、市販で販売されているようなピーリングジェルは古い角質を溶かすわけではなく、古くなった角質のみ浮き出る仕組みとなっています。
決して皮をむく、剥がすということではありません。
新しい角質ではなく、古い角質のみを浮き出すことができるので直接皮膚を傷つけることはありません。
本当に必要のない角質だけ排除することができるようになっています。

↑ PAGE TOP